スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    桜井市高齢者学級コンサート

    音楽 comments(0) trackbacks(0) アミーゴス&Makamaka
     
    お待たせしました!
    (*^_^*)  (*^_^*)

                 
    久しぶりのアップです。

    2012ー12−6

    桜井市教育委員会主催
    桜井市高齢者学級コンサート

    桜井市教育委員会の依頼を受け講義とコンサートを行いました。
    当日は午前9時30分から約2時間。
    前半は南米についての講座。後半は演奏会。

    この日を楽しみにしておられた元気な桜井市のお年寄りの方々が来場。約200人収容の椅子席がほぼ埋まる盛況ぶり。

    演奏会の依頼には、これまで何度も対応し、どこへでも可能な限り喜んでチャレンジして来ましたが、この度は何と!講義という知的な要素も取り入れられた試みに挑戦し、それに見事に応えたアミーゴス。いやいや音楽だけに止まらず、すばらしいですよ。(自画自賛)

    この貴重な企画を提示下さった桜井市教育委員会の皆様をはじめ、ご来場の桜井市民の皆さんに感謝致します。貴重な経験をありがとうございます。

    さて、
    当日は、午前9時30分からの開始時間でしたが、さすがにお元気なお年寄りだけあって、8時30分ごろにはボチボチとご来場。私たちが準備を行うころには、受付は賑やかになり、リハーサルを行うにもすでに来場。椅子に座られ「あらあらすでに始まったか?」とのこと。

    あっぱれ!元気な桜井市のお年寄り。元気が一番!

    もっと大事なのは健康。
    健康とは、心と身に異常などなく元気な姿。それが一体となっていること。

    あなたは「健康ですか?」と聞かれ、健康診断などで、血圧や体温、脈拍、血液検査、尿検査、レントゲン、胃の検査などで異常が見られないから「健康」だ。
    はたしてそうだろうか・・・。それは「おかげさまで異常はない。(つまり正常である)」ということ。

    本当の健康とは、「心」と「体」に何も異常などがなく、喜び勇んだ前向きな「心」も備わっていること。つまり、「心」「身」共に「健康」なことが本来の「健康」と言える。(め=余談)

    話を戻して、
    まずは講義1時間ということから、サブリーダー山本忠義が様々な内容で盛りだくさんの話を用意。よりわかりやすく講義を行うことから、視覚効果を狙いパソコンで編集した内容をプロジェクターを用いてスクリーンに映し出した。

    教育委員会の方の開講挨拶が最初に行われ、続いて早速講義開始。
    南米についての講義が行われた。下はスクリーンを用いての講義内容。



    パソコンの編集はギターの稲垣君が担当。講義内容に合わせパソコンを操作。
    呼吸が合わないと「はちゃめちゃ」になるが、この度は初めてなのにバッチリ。
    さすがガッキー。背中が仕事人をかもし出してます




    休憩を挟んでいよいよ第2部となる演奏開始。
    さっそくご挨拶がわりに十八番「オホスアスーレス」を披露。
    哀愁をさそう音楽にウットリ。掴みはOKだぜー!



    まだまだまじめな皆さん。一生懸命に聞いて下さっている。ありがたいが我々の音楽はそうではない。2曲目、これまた十八番!「花祭り」。3曲目、「コンドルは飛んでいく」。
    このころになると、雰囲気も和らいできて、MCからもダジャレも出てトークも和み、お互いにテンションもあがって来て、空気も緊張感から一体感に変わり心も緩む。
    こんな短時間でこの空気になるのはアミーゴスならでは。



    今日のメンバーは、いつものギターとケーナ担当に加え、早朝大阪は高槻から嫁同伴で来てくれたジャンベマンことツヨシ。また、久しぶり(2年ブリ)に登場の大一君。こちらも早朝、十三峠のふもとから時間を割いてやって来てくれた。ありがたい!

    パーカッションはこの他にやっさん。また地方遠征で参加のまっすん。またひろしなどなど、常に本格的(中学や高校での吹奏楽やマーチングバンド)経験者がいる。それも指導的立場で現在も活躍中。心強い。そんなメンバーばかりなので安定感はグンバツ!(古いなおれも)
    そして当然!アドリブもバリバリブリブリや。彼らに楽譜は要らぬ!いや失礼。ホンマはいるいる。



    コーヒールンバやラ・バンバが始まると、この度の高齢者教室開催の橋渡し役、桜井市のミナミさんがダンスを披露。我々も長いお付き合いの間柄であるが、ダンスを踊られるとは・・・。恐れ入りました。次回はスリットの入った専用の煌びやかな衣装をご持参の上、ぜひダンスで盛り上げて頂きたいとお願いした。

    で!会場内も手拍子が加わり、ボルテージもそれなりにアゲアゲ。




    すべての曲を終え、最後にアンコールがかかったが、ここでリクエストを受付ることに。
    すると、コーヒールンバをもう一杯。とのおかわりからこの曲でのアンコールに。

    私自身は、コンドルのおかわりでなくて良かったと胸をなで下ろす。なぜならば、以前コンドルのおかわりを頂き、ひとつの公演で2回やった。これはマジで酸素ボンベが欲しかった。あれはホンマにアカン!目が回る。酸欠になる。指がつる。体力消耗だぜー。
    曲名は、「コンドルは飛んで行く」だが、私には「記憶が飛んでいく」だわい!(拍手・・・)

    それはいいとして、来場のみなさんの顔は開講時の緊張とはうって変わって大きく緩み、いい笑顔となりました。これで桜井市民の皆さんとアミーゴ!

    寒い中、ありがとうございました。



    帰りはお昼を過ぎたことから、近くのガッツリ飯処として噂の、「ベビーフェイス」に立ち寄り、それぞれガッツリな料理を注文!演奏後は腹も減ったし充実感も大変おいしかった。

    これで、今年全ての演奏会を終了。結構!けっこう!コケコッコー!な一年でした。

    アミーゴス&マカマカは、今年の活動をバネに、新年から心新たにして爆裂しまっせー!

    乞うご期待。


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM